北播

  • 印刷
おの恋純米大吟醸をアピールする市職員=小野市役所
拡大
おの恋純米大吟醸をアピールする市職員=小野市役所

 兵庫県小野市産の山田錦だけで造った「おの恋純米大吟醸」の販売が14日、イオン小野店(同市王子町)など市内6店舗で始まった。市観光交流推進課が長野県の小野酒造店と連携して限定1400本で生産。精米歩合35%まで磨き上げられ、同課の山中晃さん(30)は「香り高い最高級のお酒」と自信を見せる。口が広いワイングラスで香りを楽しみながら飲むのがおすすめという。(笠原次郎)

 同市は山田錦の生産に適した特A地区に指定されており、2017年の生産量は約1900トンに上った。今年5月には同酒造店による精米歩合55%の「おの恋生一本純米吟醸」を発売し、8月には同吟醸酒を1年半低温でねかせた「熟成生一本純米吟醸」を売り出した。純米大吟醸は杜氏が2カ月間、刻々と変わる米の状態を確認しながら育て上げた。高級感のあるすりガラスの瓶を使い、金色の箱やきり箱も用意した。

 イオン小野店で15日午前10時~午後6時にあるイオンおの恋まつりで販売。720ミリリットルが3780円で、箱入りは4212円、きり箱入りは4968円。購入者にはきり箱入り1本が5人に当たる応募券を配る。

 一日先着50人の試飲会が来年1月1~3日午前11時~午後3時、コミュニティーレストラン「マトゥラーレ」(同市浄谷町)で、同6日午前8時半~午後3時半、誉田の館いろどり(同市福住町)である。同課TEL0794・63・1027

北播の最新
もっと見る

天気(1月19日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ