北播

  • 印刷
動画一覧へ
熱気球に乗って笑顔を見せる子どもたち=鶉野飛行場跡
拡大
熱気球に乗って笑顔を見せる子どもたち=鶉野飛行場跡
熱気球の係留飛行を楽しむ子どもたち=加西市鶉野町、鶉野飛行場
拡大
熱気球の係留飛行を楽しむ子どもたち=加西市鶉野町、鶉野飛行場

 クリスマスがテーマの熱気球イベントが16日、兵庫県加西市鶉野町の鶉野飛行場跡を拠点に開かれた。朝霧が立ち込める中、サンタクロースにふんする操縦士が乗り込んだ気球9機が冬空を鮮やかに彩り、子どもたちも係留飛行を楽しんだ。(長嶺麻子)

 同市内では、熱気球のシーズンである11月~5月はほぼ毎週末朝、気球が飛ぶ光景を楽しめる。今回は愛好家らがサンタの帽子をかぶるなどして集まり、飛行中には「メリークリスマス!」などと声を掛け合って、空を自由に行き交った。

 市内での飛行を支援する「かさい熱気球サポータークラブ」は自前の機体を使って係留飛行体験も実施。クリスマスプレゼントとして地元の子どもたちを招待し、気球からの展望を味わってもらった。

 ふわりとかごが浮かび上がり、あっという間に20~30メートル上空へ。初めて乗った九会小学校3年の女児(9)は「少し怖かったけど、きれいだった。サンタさんは気球に乗ってくるのかな」と話していた。

北播の最新
もっと見る

天気(1月19日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ