北播

  • 印刷
キッズ交通保安官が、飲酒運転根絶を呼び掛けるチラシを配った=アスティアかさい
拡大
キッズ交通保安官が、飲酒運転根絶を呼び掛けるチラシを配った=アスティアかさい

 県警の制服に身を包んだ「キッズ交通保安官」14人が16日、兵庫県加西市北条町北条のアスティアかさいで、買い物客に飲酒運転追放を呼び掛けた。

 同施設を管理運営する加西北条都市開発が県に依頼した。キッズ交通保安官は2007年に活動が始まり、家庭や地域で飲酒運転の恐ろしさを訴えている。現在は県内の約150人が飲酒運転の「三ない運動」として、飲んだら運転しない▽運転するときは飲まない▽運転する人には飲ませない-を呼び掛けている。

 この日は、加西市内の小学生とそのきょうだい14人がキッズ交通保安官として出動し、「みんなで飲酒運転を根絶!!」と書かれたチラシを配った。警察官の父(46)にあこがれて応募したという北条東小学校6年の女児(11)は「飲酒運転が少しでも減るといいな」と話していた。

 交通安全教室などもあり、県交通安全室の瀬戸山満警部補(64)は、演奏歴23年の三味線に合わせて炭坑節の替え歌「自転車安全節」を披露した。(笠原次郎)

北播の最新
もっと見る

天気(6月19日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ