北播

  • 印刷
天皇陛下からの金一封を受け取った丸山義夫園長(前列中央)ら=たきの愛児園
拡大
天皇陛下からの金一封を受け取った丸山義夫園長(前列中央)ら=たきの愛児園

 天皇誕生日を迎えるにあたり、優良民間社会福祉事業奨励のため天皇陛下から金一封が贈られる「御下賜金」の対象に、兵庫県加東市上滝野の幼保連携型認定こども園「たきの愛児園」が選ばれ、21日、同園で伝達式が行われた。

 1942年に農繁託児所として開設。48年に保育所として認可された。一昨年、幼保連携型認定こども園に移行し、現在は0~5歳児の約120人を預かる。加古川水系の治水対策に伴う移転の対象となっているため、2年後を目標に現在地から北西約600メートルの場所へ移る。

 御下賜金は毎年、都道府県と政令指定都市ごとに1団体が選ばれる。48年にも贈られた同園にとって70年ぶり2度目。県職員から受け取った丸山義夫園長(66)は「平成最後に素晴らしいものを頂いた。子どもたちの利益を守るため、これからも頑張れということだと受け止める」と話していた。(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(1月19日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ