北播

  • 印刷
おでん列車で乾杯する乗客ら=2018年2月
拡大
おでん列車で乾杯する乗客ら=2018年2月

 兵庫県加西市と小野市を結ぶ第三セクター「北条鉄道」(加西市)は、乗車しながらおでんや酒を味わう「おでん列車」を26、27日、2月2、3日に1便ずつ、計4便を運行する。のれんや赤ちょうちんが居酒屋のように飾られた車内で、歌謡ショーも楽しめる。

 開業30周年と前身の播州鉄道加古川線北条支線開通100年を記念し、2015年11月に始めた。夏の「ビール列車」と共に、大人が楽しめるイベントとして知られる。

 各日午後5時46分に北条町駅(加西市)を出発し、粟生駅(小野市)まで往復した後、同7時20分まで北条町駅で留め置く。市民ボランティアによる「北条鉄道応援隊」が手作りのおでんとかしわ飯を用意。飲み物はビールサーバーから注ぐ生ビールのほか、日本酒やお茶を飲み放題で提供する。

 ショーの出演者は、26日=れいかさん▽27日=美山京子さん▽2月2日=桃花あやさん▽同3日=SADA(サダ)さん。参加費4千円。各便先着43人(27日と2月2日は既に満席)。出発地の北条町駅まで同鉄道を利用すれば往復無料券がもらえる。同鉄道TEL0790・42・0036

(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(5月21日)

  • 26℃
  • 19℃
  • 80%

  • 25℃
  • 16℃
  • 70%

  • 26℃
  • 18℃
  • 90%

  • 27℃
  • 18℃
  • 90%

お知らせ