北播

  • 印刷
防災用品などについて吉田正和事務局長の話を聞く生徒たち=善防中
拡大
防災用品などについて吉田正和事務局長の話を聞く生徒たち=善防中
防災に関する兵庫教育大生のクイズに答える子どもたち=芳田小
拡大
防災に関する兵庫教育大生のクイズに答える子どもたち=芳田小
おの防災リーダーの会のメンバーに教えてもらいながら、防災スリッパを作る子どもたち=小野市中番町、中番小学校(撮影・笠原次郎)
拡大
おの防災リーダーの会のメンバーに教えてもらいながら、防災スリッパを作る子どもたち=小野市中番町、中番小学校(撮影・笠原次郎)
アルファ化米の袋に水を入れる3年生=三草小(加東市提供)
拡大
アルファ化米の袋に水を入れる3年生=三草小(加東市提供)

 阪神・淡路大震災の発生から丸24年となった17日、兵庫県北播磨地域の小中学校や幼稚園も防災学習や避難訓練などを行った。子どもたちは震災の記憶を受け継ぐとともに、いつ起こるか分からない災害に備える大切さを学んだ。(森 信弘、長嶺麻子、笠原次郎)

■災害時の戦力に NPOに防災学ぶ 加西・善防中

 加西市両月町の善防中学校(全校生徒156人)で行われた防災学習では、東日本大震災などの被災地で活動するNPO法人「災害ボランティア加西らかん」のメンバーが講師を務めた。

 理事長の村上克也さん(76)は西宮市内のマンションで震災を体験。ギシギシとコンクリートが割れるような音が辺りに響いたといい「マンションが崩れて死ぬのかと覚悟した」と振り返った。東日本大震災で岩手県釜石市の中学生たちが小学生たちを連れて避難し、津波から守った「釜石の奇跡」などに触れ「中学生は、災害が起きたときの大切な戦力。お年寄りや幼い子どもを守ってほしい」と訴えた。

 続いて事務局長の吉田正和さん(55)が、避難時に役立つ物などを説明。缶詰やレトルト食品、災害用浄水器などを展示し、生徒たちは興味深そうに手に取って見ていた。

 2年の女子生徒(14)は「災害で1人が亡くなれば、悲しむ人はたくさんいると思う。中学生にもできることがあると知ったので、被害を減らせるように考えたい」と話していた

■大学生が講話、防災学ぶ 西脇・芳田小で防災集会

 西脇市落方町の芳田小学校(全校児童約90人)では、大地震の発生を想定した避難訓練に続いて防災集会を開き、災害の教訓を伝えていくため、兵庫教育大(加東市)の災害支援ボランティア団体「コンベイ・ア・スマイル」代表の3年古市こころさん(21)ら学生3人が講話した。

 コンベイは昨年4月に発足し、熊本地震や東日本大震災の被災地支援に参加してきた。集会では全国各地の災害の状況を写真を使って解説し、復興支援の状況も報告。防災についてのクイズも出題し、非常用持ち出し袋の置き場所や、地震発生時にエレベーターに乗っていた時の対処法などを2択で問うた。

 学年ごとに実施した防災学習で3、4年生は、災害時の心身の負担を想像しつつ、体をほぐすなどのリラックス法も学んだ。3年の児童(9)は「地震はたくさんの悲しさやつらさを生むけど、心身をリラックスしてもらうとか、私たちにもできることがあると分かった」と話した。

 古市さんは「災害の経験のない子どもたちに、いかに考えてもらうかが重要だが、真剣に聞いてもらえた」と手応えを感じていた。

■新聞で「防災スリッパ」作り体験 小野・中番小

 小野市中番町の中番小学校では、啓発活動に取り組む「おの防災リーダーの会」が4年生26人を対象に防災教室を開いた。新聞紙を使った「防災スリッパ」の作製や、災害発生時の避難行動をテーマにした2択のクイズなどに、児童たちは真剣な表情で取り組んだ。

 同会は昨年4月に発足し、市内外の防災士ら14人が減災などの活動に励んでいる。今回は阪神・淡路大震災の教訓を伝えようと7人が訪れた。

 総合学習で防災を学んでいる4年生はまず、長期保存が可能な「アルファ化米」の袋に熱湯を注ぎ、15分置いてから、ラップで巻いておにぎりにして食べた。女児(10)は「お湯だけで手軽に作れた。パサパサしているけどおいしい」と笑顔を見せた。

 続いて、同会メンバーに教わりながら、新聞紙を折って簡易スリッパを作った。初めて挑戦した男児(10)は「思ったより簡単。新聞紙でスリッパができるなんて」と話していた。

■非常時を想像、防災給食味わう 加東の小中学校

 加東市の幼稚園と小中学校では、災害による断水を想定した「防災給食」が初めて提供された。炊いた米を熱風で急速乾燥させた「アルファ化米」を子どもたちが水で戻し、「非常時」を想像しながら味わった。

 災害時の食について考えてもらおうと市学校給食センターが企画。長期保存できるアルファ化米は県と市の備蓄用を活用し、市内の全13校園で約3100食を提供した。

 同市上三草の三草小学校(全校児童73人)では避難訓練に続き、子どもたちがアルファ化米の袋の封を切り、ペットボトルの水を注いだ。1時間以上そのまま置いておき、給食の時間に乾パンなどとともに味わった。

北播の最新
もっと見る

天気(6月19日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ