北播

  • 印刷
子ども服などを選ぶ母親たち=小野市立児童館チャイコム
拡大
子ども服などを選ぶ母親たち=小野市立児童館チャイコム
子ども服などを選ぶ母親たち=小野市立児童館チャイコム
拡大
子ども服などを選ぶ母親たち=小野市立児童館チャイコム

 兵庫県小野市立児童館チャイコム(同市浄谷町)で5日、使わなくなった子ども服やおもちゃなどを交換する催し「育児用品のとりかえっこ」が開かれた。子どもを背負った母親ら約90人が、事前に提供した点数に応じて、ベビー服や靴などお目当ての品々を持ち帰った。

 捨てられたおもちゃを見た母親の「もったいない」との声をきっかけに2009年に始まって10年。年2回開催し、交換会には毎回約100人が集まる。今回は北播磨をはじめ、加古川市や高砂市などの128人が約2500点を提供。提供するだけで交換会に参加しない人もいるという。

 母親たちは開館前に列をつくり、整理券を手にした順に続々と入場。身長と性別ごとに分類された服を広げて確かめ、袋に入れていった。4歳の長女と4カ月の長男がいる主婦(33)=小野市=は、長女の服など7点と引き替えに長男のズボンなどをもらい「きょうだいで性別が違うから助かる」と笑顔を見せた。

 児童館のかつての利用者らでつくる「母親クラブ」の6人はボランティアとして参加。品物点数の確認作業に当たったほか、ブランドものの洋服など人気商品25点の抽選会も開き、会長の奥田多香音さん(56)=同市=が司会を務めた。

 残った服や靴、おもちゃなど約500点は7日から無料で提供する(1家族10点まで)。午前10時~午後3時。市立児童館チャイコムTEL0794・63・8588

(笠原次郎)

北播の最新
もっと見る

天気(7月17日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ