北播

  • 印刷
えとをテーマにした作品などが並ぶ会場=コミセンおの市民ギャラリー
拡大
えとをテーマにした作品などが並ぶ会場=コミセンおの市民ギャラリー

 兵庫県小野市内の書家10人が会派を超えて作品を披露する「小野書藝家G展」が、コミセンおの(同市王子町)で開かれている。今年のえと「亥」と、日本漢字能力検定協会が「今年の漢字」として昨年選んだ「災」などがテーマ。23日まで市民ギャラリーに14点を、15~17日にコミュニティホールに30点を展示する。

 7会派に属する50~70代の書家が毎年開き、33回目。メンバーは神戸や大阪を拠点に全国で展示活動を続ける一方、異なる会派による合同作品展で刺激を与え合っている。

 会場には、イノシシの毛で作った筆で勢いよく「猪」と書いた作品や、源氏物語に描かれた恋心などを自由に表現した作品が並ぶ。

 入場無料。市民ギャラリーは午前9時~午後10時。コミュニティホールは午前10時~午後6時(15日は午後1時から、17日は午後4時まで)。(笠原次郎)

北播の最新
もっと見る

天気(7月17日)

  • 30℃
  • 24℃
  • 20%

  • 32℃
  • 21℃
  • 20%

  • 31℃
  • 24℃
  • 30%

  • 32℃
  • 24℃
  • 20%

お知らせ