北播

  • 印刷
新酒などの利き酒をする税務署長ら=みのり農業協同組合
新酒などの利き酒をする税務署長ら=みのり農業協同組合

 昨年仕込んだ新酒などの出来栄えを競う社酒造組合の利き酒会が19日、兵庫県加東市社、みのり農業協同組合で開かれた。加西市と加東市の酒蔵3社が、山田錦を使った純米大吟醸や純米酒など新酒11点と市販酒3点を出品。大阪国税局の主任鑑定官や各社役員、税務署長ら10人が、口に含んで香りなどを確かめた。

 会場には、富久錦(加西市三口町)の純米大吟醸など5点▽三宅酒造(同市中野町)の純米酒など5点▽神結酒造(加東市下滝野)の大吟醸など4点-の瓶が並んだ。大学で発酵工学を研究した主任鑑定官の本村創さん(47)は少量を口に含んで味や香りを確かめ、集まった酒蔵会社の会長や社長にアドバイスした。

北播の最新
もっと見る

天気(7月22日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 50%

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ