北播

  • 印刷
来賓らの前でデモ飛行をするドローン=加西自動車学院
拡大
来賓らの前でデモ飛行をするドローン=加西自動車学院

 小型無人機ドローンの操縦士らを養成する「兵庫ドローンスクール」が20日、兵庫県加西市殿原町の加西自動車学院で開校した。自動車教習所が運営するドローンスクールは県内初。同学院は今後、陸だけでなく空の安全教育にも取り組む。

 一般社団法人「日本UAS産業振興協議会」(JUIDA)の認定校。ドローンは防災や測量、農業、空撮などさまざまな分野での活躍が期待される一方、安全確保などの課題も指摘されている。

 講習は4日間で、5月から月1回程度開く。法律や運転技術などの座学と、実技がある。修了すればJUIDAが認定する操縦士などの資格が取得できる。

 開校式典には行政関係者や議員ら約40人が参加した。同学院の青山涼平社長(43)が「多くの人にドローンを身近に感じてもらい、小中高生にはドローンを使ったプログラミング教育の機会を提供したい」とあいさつ。職員によるデモ飛行もあり、地上数メートルで左右に動いたり、約100メートルまで上昇したりと、自由自在な動きを披露した。

 同スクールTEL0120・81・8289

(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(8月23日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 80%

  • 30℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ