北播

  • 印刷
音楽に乗って絵本を読む岸田典大さん(左)と、バルーンで作った帽子をかぶったおだやよいさん=北条鉄道
拡大
音楽に乗って絵本を読む岸田典大さん(左)と、バルーンで作った帽子をかぶったおだやよいさん=北条鉄道
絵本の読み聞かせを披露する岸田典大さん(右)とバルーンを披露するおだやよいさん=北条鉄道
拡大
絵本の読み聞かせを披露する岸田典大さん(右)とバルーンを披露するおだやよいさん=北条鉄道

 兵庫県加西市と小野市を結ぶ第三セクター「北条鉄道」(加西市)で5日、絵本の読み聞かせと、バルーンで動物などを作るパフォーマンスが楽しめる「こども列車」が開かれた。絵本パフォーマー岸田典大さん(53)=北海道千歳市=とバルーンパフォーマーのおだやよいさん(49)=岡山市=が市内外の親子連れら約160人を楽しませた。(森 信弘)

 加西市観光まちづくり協会が、2年前から岸田さんによる「子ども絵本列車」を開催。今年はバルーンを新たに加えた。

 おださんは子育て中にバルーンパフォーマンスに出合い、活動を開始。現在は岡山県を中心に幼稚園や保育園、イベントなどで活躍しているという。

 この日は計3便あり、北条町-粟生間を約50分かけて往復。第1便におださん、第2便には岸田さんが乗り、第3便は、2人が一緒に乗車した。岸田さんは自作の音楽を流し、歌うように絵本を読み聞かせ。おださんは合間に即興でバルーンのソフトクリームを作ったり、絵本に登場するサルやダチョウなどを披露したりして子どもらを大喜びさせた。

 姫路市の女性(41)は「5歳の長男と夢中になって、あっという間だった。絵本だけじゃなくてバルーンも見られて、ぜいたくだった」と笑顔で話していた。

北播の最新
もっと見る

天気(6月26日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ