北播

  • 印刷

 定数15に対し、現職11人、新人6人が立候補した兵庫県加西市議選は19日、投開票された。現職は10人が当選。新人は高見博道氏(57)、下江一将氏(28)、深田照明氏(61)、北川克則氏(54)が当選を果たし、世代交代が進んだ。また、前回ゼロだった女性は、新人佐伯欣子氏(58)の当選で1人になった。

 党派別では公明1人、共産1人、無所属13人(うち6人は自民推薦)。投票率は62・68%で、2015年の65・96%を3・28ポイント下回る過去最低となった。

 過去最少の17人が立候補し、定数15を巡って少数激戦を繰り広げた。各候補は現市政への評価や、地域医療、障害者・高齢者福祉、子育て支援などの公約を訴えてきた。

 各陣営の事務所では、当選の報が伝わると、拍手や歓声が起こり、支援者が候補者を祝福していた。(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ