北播

  • 印刷
自身が写ったポスターを手に新規採用をアピールする森位佐帆さん=小野市王子町
拡大
自身が写ったポスターを手に新規採用をアピールする森位佐帆さん=小野市王子町

 来春採用の職員を募集している兵庫県小野市が、新人職員5人が登場するポスター約100部を作製し、駅や公共施設などに掲示して、人材集めに力を入れている。ポスター中央でさっそうと歩く中途採用の森位佐帆さん(29)は2歳の男児を育てながら働いており「保育所行事や急な発熱へのサポートもあり、働きやすい職場」とアピールする。

 西脇市西脇生まれ。西脇高校を経て立命館大経済学部に進み、卒業後は「困っている人の役に立ちたい」と損害保険会社で交通事故対応の仕事を担当した。出産を機に退職したが、2018年4月に小野市の嘱託職員に採用され、教育委員会学校教育課で英語指導助手の生活支援などを担った。正規職員試験に合格し今春から同課に勤務する。

 午後5時15分の定時に仕事を終えると、午後6時には市内の保育所に長男を迎えに行く。「職場の理解があってありがたい」と話し、「今後は正規職員としてさまざまな新しい分野に挑戦したい」と意気込む。

 市が募集するのは、事務職員6人程度のほか、身体障害者対象の事務職員、土木の技術職員、保健師ら若干名。締め切りは25日で、7月6日に1次試験を行う。市総務課TEL0794・63・3615

(笠原次郎)

北播の最新
もっと見る

天気(7月17日)

  • 30℃
  • 24℃
  • 20%

  • 32℃
  • 21℃
  • 20%

  • 31℃
  • 24℃
  • 30%

  • 32℃
  • 24℃
  • 20%

お知らせ