北播

  • 印刷
ベトナム語で発行された「広報かとう」ダイジェスト版(奥左は日本語に訳したもの)
拡大
ベトナム語で発行された「広報かとう」ダイジェスト版(奥左は日本語に訳したもの)

 増える在住ベトナム人をサポートしようと、兵庫県加東市はベトナム語による「広報かとう」ダイジェスト版を作成した。女性のがん集団検診の案内や指定ごみ袋について紹介。今後2カ月に1度、発行する予定。

 好景気などによる人手不足を背景に、市内で外国籍の住民が増加。2019年4月現在で、42カ国1365人が暮らす。うちベトナム人は最多の862人で6割を占める。しかし、多くが日本語を話すことができないため、暮らしを支援する情報紙の必要性が高まっていた。市国際交流協会が翻訳作業などで協力し、ダイジェスト版が完成した。

 情報紙はA4判1枚で、通常冊子になっている「広報かとう」の中で特に暮らしに必要な情報を集約。子宮頸がんや乳がんの集団検診について、受診料の一部を市が負担することなどを掲載している。指定ごみ袋のサイズや価格も記載。娯楽情報として、7月に平池公園で開かれるフェスティバルの内容も載せた。

 市は約110部発行。日本語教室に通うベトナム人のほか、市内の企業約60社にも配布した。希望する企業には送付する。編集した市秘書室は「少しでも加東市での生活に役立ててもらえれば。暮らしに根ざした情報と楽しめるイベントを今後も紹介する」としている。同室TEL0795・43・0387

(中西大二)

北播の最新
もっと見る

天気(10月15日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 50%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ