北播

  • 印刷
コミレス初のコラボ商品として誕生したフルーツサンド=マトゥラーレ
拡大
コミレス初のコラボ商品として誕生したフルーツサンド=マトゥラーレ

 兵庫県小野市内のコミュニティーレストラン(コミレス)2店舗が初のコラボ商品として開発したフルーツサンドを29日に発売する。地元産の米や野菜にこだわる「誉田の館いろどり」(福住町)で人気の高い食パンを使い、イタリアンレストラン「マトゥラーレ」(浄谷町)が旬の果物を入れて仕上げた。

 小野市内には2004年、地域住民らが運営に関わるコミレスが誕生し、今では5店舗が地域に根差している。14年に開業した誉田の館いろどりは、土日限定で食パンなどを販売。焼きたてのもっちりとした食感が人気を集める。コミレス代表者が集まる会で、この食パンを他店でも活用する提案が出た。

 17年に開業したマトゥラーレの代表長谷川寛行さん(37)が「しっとりした食感が果物に合う」と採用。オレンジやメロン、モモ、ブルーベリーなどのフルーツを入れ、ホイップクリームやカスタードクリームとモモのフランス風ジャム「コンフィチュール」を幾層にも塗り重ねた。今後は小野市産のイチジクやイチゴなども使うという。

 一切れ、300円。毎週土日に両店で48食を販売する。誉田の館いろどりは午前8時半~午後3時半。マトゥラーレは午前10時~午後9時。いずれも水曜定休。市観光交流推進課TEL0794・63・1027

(笠原次郎)

北播の最新
もっと見る

天気(7月24日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ