北播

  • 印刷
生徒と一緒にだし巻き卵を調理する留学生=社高校
拡大
生徒と一緒にだし巻き卵を調理する留学生=社高校

 兵庫県加東市の姉妹都市、米オリンピア市からの交換留学生ら17人が26日、社高校(加東市木梨)を訪れた。生活科学科の生徒から、そうめんやだし巻き卵の調理方法を教わり、手作りの日本食を堪能した。

 一行は25日に来日。主に高校生の男女で、7月4日まで滞在する。市内で闘竜灘や酒蔵を見学するほか、奈良観光なども楽しむ。

 この日は、同市社福祉センターで書道に挑戦した後、社高校で生徒と一緒にそうめんをゆがき、社地域産の日本茶を使ったロールケーキを食べた。続いて、生徒が七夕伝説の紙芝居を披露。留学生は短冊に英語や日本語で願いを書き、用意していたうちわに貼り付けた。社高の生徒が英語で「キラキラ星」を歌った。

 米オリンピア市の交換留学生(16)は「そうめんの麺が細くて食べにくかったけれど、調理は楽しく味も素晴らしかった」と笑顔で話した。27日は、日米草の根交流サミットの訪問団4人が訪れ、交換留学生と共に田植えを体験する。(中西大二)

北播の最新
もっと見る

天気(7月24日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ