北播

  • 印刷
マルブンノイチの拠点となる西脇事務所前でイベントをアピールする丸山大貴さん(右)と誠也さん=西脇市西脇
拡大
マルブンノイチの拠点となる西脇事務所前でイベントをアピールする丸山大貴さん(右)と誠也さん=西脇市西脇

 兵庫県西脇市西脇の中心市街地で29日午前10時~午後4時、素材をテーマとしたイベント「○/の市(マルブンノイチ)」が開かれる。銭湯「日の出湯」跡を主会場に、厳選したアクセサリーや播州織など、約20の出店者の製品を並べる。

 同県加東市出身の丸山大貴さん(27)が運営するテッタオデザインオフィス(本社・東京)が、西脇中心市街地の木造3階建て古民家を改修。5月に西脇事務所を開設したのを機に、プロジェクトは始動した。

 「西脇をもっと深く体験してもらおう」と、事務所をマルブンノイチ事務局とし、一帯の空き家などを活用して月1回の定期市を開催。地域密着型のWebメディアも開設し、老舗喫茶店や中華料理店のほか、織布会社なども取材して記事化し、地域の隠れた魅力を掘り起こしている。

 29日は、事務局や日の出湯跡で東京の老舗べっ甲店のアクセサリーや、ハーブティー、ココナツオイルなどの商品を販売するほか、地元の野菜、播州織も並べ、石釜ピザや唐揚げなどの飲食店も出店。昭和50年代の西脇の写真をタペストリー(高さ1・1メートル、幅1・4メートル)にした約20枚を飾り、時代を超えた雰囲気を味わう演出もある。

 西脇事務所は今後、デザインやアプリ開発といった会社業務の傍ら、マルブンノイチとして雑貨などの常設販売や映画上映会、レンタルスペースも計画。事務所の責任者で丸山さんの弟誠也さん(23)は「町になじみながら、地域を面白くもり立てたい」と話している。(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(8月23日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ