北播

  • 印刷
住民らを対象に開かれた地域づくり講演会=ベルディーホール
拡大
住民らを対象に開かれた地域づくり講演会=ベルディーホール

 支え合いをテーマにした地域づくり講演会がこのほど、兵庫県多可町中区中村町のベルディーホールで開かれた。広島を拠点に「ご近所福祉クリエーター」として活動する酒井保さんが「みんなで始めるささえあい」と題して講演し、見守り体制づくりなど先進事例も紹介された。(長嶺麻子)

 日本の人口の2割が75歳以上の後期高齢者になる「2025年問題」が迫る中、同町では、集落単位で住民同士の助け合いの仕組みをつくろうと、昨年度から住民研修会を開催しており、その一環として開いた。

 酒井さんは「要支援者にほっといてくれ、などと言われて対応に困る支え手は多い。だが、地域の支え合いを学ぶとき、支え方ばかりになっていないか」と指摘。「誰もがいずれ、自分のことが自分でできなくなっていく。『助けて』を言えないやっかいなお年寄りは未来の自分の姿。支えられ方も考えて」と諭した。

 また、役割を持って社会参加している場合、うつ病の危険性が減るという統計も紹介。「加齢で急に全てができなくなるわけではない。若い頃の6割ぐらいになっても生かせる地域活動がある」とし、「活動を強化してリーダーが疲弊することは多い。ご近所にお裾分けとか、買い物ついでに用事を頼まれたりとか、皆さん既にやっている。数字には表れにくい、暮らしの中の気遣いが最も大切ではないか」と締めくくった。

北播の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 25℃
  • 50%

  • 34℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 27℃
  • 50%

お知らせ