北播

  • 印刷
水が滝のように落ち、大喜びする子どもたち=東条湖おもちゃ王国
拡大
水が滝のように落ち、大喜びする子どもたち=東条湖おもちゃ王国

 兵庫県加東市黒谷の遊園地「東条湖おもちゃ王国」で6日、園内のレジャープール「アカプルコ」の営業が始まった。大勢の家族連れらが歓声を上げ、一足早い夏本番を満喫した。

 「アカプルコ」は1・5万平方メートルで関西最大級の広さを誇り、例年約10万人が訪れる。今年は、「流水」や「飛び込み」など6種類のプールに加え、バケツにたまった水が滝のように落ちてくるアトラクションも新設された。同王国は7日までの2日間、市内の幼稚園や小学生ら約4千人を無料招待する。

 この日は午前9時半のオープン前に、安全祈願祭を実施。市職員や地域住民ら12人が出席し利用者らの無事故を祈った。

 営業開始早々から全長136メートルの滑り台には長い行列ができ、決まった時刻になると波がでるプールでは待ち構えていた大勢の人が笑顔をはじかせていた。

 プールは9月8日まで。木曜休園(7月20日から8月31日は無休)。東条湖おもちゃ王国TEL0795・47・0268

(中西大二)

北播の最新
もっと見る

天気(8月26日)

  • 31℃
  • 24℃
  • 10%

  • 30℃
  • 21℃
  • 10%

  • 33℃
  • 24℃
  • 0%

  • 33℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ