北播

  • 印刷
カブトムシに見入る親子連れ=北条鉄道
拡大
カブトムシに見入る親子連れ=北条鉄道

 兵庫県加西市と同県小野市を結ぶ第三セクター「北条鉄道」(加西市)による「かぶと虫列車」の運行が13日、始まった。北播磨や姫路、神戸などから親子連れらが集まり、もらったカブトムシをうれしそうに眺めたり、クイズやゲームを楽しんだりした。

 カブトムシのつがいがもらえる同鉄道の人気企画で、21回目。北条町-粟生間を約50分かけて往復し、15日までの3日間で1日4往復ずつ計12便を運行する。

 この日の第1便には、53人が参加。北条町駅で北条高校と播磨農業高校のボランティアからカブトムシを受け取って、乗車した。森のような飾り付けをした車内では、兵庫教育大の学生が飼い方などのクイズやビンゴゲームで子どもたちを喜ばせた。

 加西市の男性(38)は「こういう企画があると、子どもと一緒に乗れるのでいいですね」。カブトムシを毎年飼っているという男児(9)は「今年こそ、交尾させて増やしたい」と話していた。(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 19℃
  • ---℃
  • 90%

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ