北播

  • 印刷
空き家の前で仕事について話し合う(左から)沢下美代志さん、山口茂さん、井上四郎さん=小野市久保木町
空き家の前で仕事について話し合う(左から)沢下美代志さん、山口茂さん、井上四郎さん=小野市久保木町

 小野市シルバー人材センター(兵庫県小野市王子町)は、空き家の調査員3人を任命し、調査依頼の受け付けを始めた。市内の空き家は増える傾向にあり、倒壊の恐れがある危険な建物もある。「わがまちを住みよくしたい」との思いを持つシルバー人材が現地を調査・点検し、報告書を送って遠方で暮らす所有者に安心してもらう狙いだ。

 小野市は2011年~12年の調査で空き家545カ所を確認。うち倒壊などの恐れがある危険な建物は55カ所あった。13年には自治体が強制的に廃屋を取り壊す措置を盛り込んだ条例を県内で初めて施行。18年10月からは電力検針を行う関電サービス(大阪市)と連携し、有償の空き家見守りサービスを展開している。

北播の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ