北播

  • 印刷
兵庫県代表チームの一員として全国に挑む佐藤綺花さん=加西市玉野町、アラジンスタジアム
拡大
兵庫県代表チームの一員として全国に挑む佐藤綺花さん=加西市玉野町、アラジンスタジアム

 愛媛県で2日から開かれる「NPBガールズトーナメント2019・全日本女子学童軟式野球大会」に、兵庫県西脇市の佐藤綺花さん(11)=重春小6年=が兵庫県代表チームの一員として出場する。地元の「播州プリンセス」ではムードメーカー的な存在で「チームを盛り上げて、ベスト8に入りたい」と意気込む。

 佐藤さんは、少年野球の西脇ワイルドキッズに所属しながら、北播磨を中心に播磨各地の女子児童が集まる「播州プリンセス」でもプレー。北播磨のメンバーは、昨年も佐藤さんを含む8人が選出された。当時は試合に出る機会がなかったが今回、北播磨唯一のメンバーとして選ばれた。

 佐藤さんは守備が得意で、チーム関係者は「センスがある」と評価する。同チームではファーストを守ることが多く、打順は1番など上位打線を担う。

 県代表チームは西宮や神戸、淡路島など県内各地から選手が集まる混成。重春小で児童長を務める佐藤さんは、冗談を言って人を笑わせ、場を和ませるのが得意といい、チームの結束にも貢献できそうだ。

 大会では、シードチームとして1回戦が免除されており、2回戦で大分県と広島県の勝者と対戦する。昨年も2回戦から登場し、一勝したが3回戦で涙を飲んだ。佐藤さんは「今年は二つ勝ちたい」と闘志を燃やしている。(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(9月17日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ