北播

  • 印刷
花火が打ち上げられる中、特設ステージではさまざまな踊りが披露された=播州成田山
拡大
花火が打ち上げられる中、特設ステージではさまざまな踊りが披露された=播州成田山

 兵庫県西脇市小坂町、播州成田山で5日夜、夏祭りが催された。夜店の並ぶ参道や盆踊りの特設舞台が設けられた境内が多くの親子連れらでにぎわったほか、近くの杉原川河川敷からの打ち上げ花火が、市街地の夜空を鮮やかに照らした。

 この日の西脇は最高気温が36・0度の猛暑日で、まだ強い日差しが降り注ぐ夕方、夏の交通安全祈願祭・事故物故者慰霊祭が執り行われ、祭りがスタート。日没ごろには、近隣市町のおどり連による盆踊りが始まった。今年は、神戸のサンバチーム「ソウ・ナッセンチ」も特別出演し、華やかなパフォーマンスで会場を盛り上げた。

 花火の打ち上げが始まると、燃えさかる直径3メートルほどの輪の中を通る「火の茅の輪くぐり」も行われ、少し緊張した面持ちの参拝者らは、無病息災を祈願しながら次々とくぐっていった。(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ