北播

  • 印刷
貫頭衣を着てポーズを取る狩野恵輔さん=小野市立好古館(小野市提供)
拡大
貫頭衣を着てポーズを取る狩野恵輔さん=小野市立好古館(小野市提供)

 プロ野球阪神タイガースの元選手会長狩野恵輔さん(36)が、大会アンバサダー(大使)を務める第6回小野ハーフマラソン(12月8日)をPRするため、兵庫県小野市内のひまわりの丘公園などで観光を楽しんだ。自身の会員制交流サイト(SNS)で小野の魅力を発信し、マラソン大会への参加を呼び掛ける。

 ドラフト3位で2001年に阪神に入団。捕手と外野手を務め、選手会長も歴任し17年に引退した。小野ハーフマラソンには16年の第3回大会からチャリティーランナーとして参加。これまで大会アンバサダーを務めてきた赤星憲広さん(43)が会長になったため、狩野さんがアンバサダーに昇格した。

 小野市内では、市立好古館(西本町)で企画展「知られざる小野市の弥生時代!」を見学し、弥生時代の衣服「貫頭衣」を試着して当時の生活に思いをはせた。ひまわりの丘公園(浄谷町)や共進牧場(同)、広渡廃寺跡歴史公園(広渡町)を巡り、洋菓子店でスイーツも堪能した。(笠原次郎)

北播の最新
もっと見る

天気(9月17日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ