北播

  • 印刷
かれんな花を咲かせるアキメネス=県立フラワーセンター
拡大
かれんな花を咲かせるアキメネス=県立フラワーセンター

 夏から秋にかけ、小さな花を咲かせる中米原産の「アキメネス」が、兵庫県加西市豊倉町の県立フラワーセンターで展示されている。赤や紫、ピンク、白など色とりどりの約50種80鉢が並ぶ。10月8日まで。

 同センターによると、この時期は花の消費が少ないことなどから生産者が限られ、市場にはあまり出回らない。国内で、これほど大規模に展示する植物園は同センターのみという。今年は8月に晴れた日が多かったため順調に育っており、遅咲きの約20品種と入れ替えながら展示する。

 白い花びらに紫の網目模様がある「ブルースパーク」や、薄い水色の「モブクイーン」のほか、アキメネスの近縁種「エウコドニア」と交配した珍しい「アキコドニア」も楽しめる。

 入園料500円(高校生以下無料)。同センターTEL0790・47・1182

(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 70%

  • 20℃
  • 16℃
  • 70%

  • 24℃
  • 16℃
  • 70%

  • 22℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ