北播

  • 印刷
来年3月で分娩医療を休止する小野レディースクリニック=小野市西本町
来年3月で分娩医療を休止する小野レディースクリニック=小野市西本町

 年間分娩数が約550件と北播磨5市1町で最多の小野レディースクリニック(兵庫県小野市西本町)が医師不足の影響を受け、分娩医療を来年3月に休止することが、5日までに分かった。市立加西病院も来年2月以降の分娩医療休止を決めており、北播磨で出産できる病院は6施設から4施設に減少。両施設は分娩数で北播磨全体(年間約2千件)の4割を担ってきただけに、妊婦からは不安の声が上がっている。

 同クリニックは1997年に開院し、多い時で年間700件を超える出産を扱ってきた。緊急時の帝王切開は医師2人で担当しなければならず、宿直もこなすため、常勤医が最低3人は必要という。来年3月末に1人が退職し、補充も見込めないことから分娩休止を決めた。不妊治療など分娩以外の診察は続ける。

北播の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 25℃
  • 22℃
  • 70%

  • 22℃
  • 18℃
  • 70%

  • 26℃
  • 21℃
  • 70%

  • 25℃
  • 20℃
  • 80%

お知らせ