北播

  • 印刷
競技で傷病者の処置に取り組む隊員ら=西脇消防署
競技で傷病者の処置に取り組む隊員ら=西脇消防署

 年間救急出動件数が約7千件に上る、北はりま消防組合(本部・兵庫県西脇市)の救急技術錬成会が12日、西脇市野村町の同組合西脇消防署で始まった。3市1町(西脇市、加西市、加東市、多可町)の3消防署と7出張所から3人1組の10隊が参加し、救急業務の迅速さや正確さを競った。

 8~14日の救急医療週間に合わせて開催。競技会では救急救命士の医療行為に焦点が当てられがちだったが今回は、救急車の運転技術から患者、家族への声掛け、的確な観察と処置など総合力を測る内容にした。

北播の最新
もっと見る

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%

お知らせ