北播

  • 印刷
シーズン154安打を達成し、記念ボードを掲げる近本光司=19日夜、西宮市、甲子園球場(撮影・田中太一)
拡大
シーズン154安打を達成し、記念ボードを掲げる近本光司=19日夜、西宮市、甲子園球場(撮影・田中太一)
応援バスツアーに参加しスタンドから声援を送る社高校OBら=6月19日、甲子園球場
拡大
応援バスツアーに参加しスタンドから声援を送る社高校OBら=6月19日、甲子園球場

 19日夜に甲子園球場で行われたヤクルト戦で今季154安打を放ち、ミスタープロ野球、長嶋茂雄さんがマークしたセ・リーグ新人最多安打記録を61年ぶりに塗り替えたプロ野球阪神タイガースの近本光司(24)。偉業達成に母校の社高校(兵庫県加東市木梨)OBや地元関係者から祝福の声が上がった。(中西大二)

 同高OBは今季好調の近本に注目。6月には甲子園へ応援バスツアーを企画するなど声援を送ってきた。ツアーに参加した同高野球部OB会長の竹中和彦さん(56)=加東市=は「まさかこれほどの記録を達成するとは」と驚く。社高時代から走力がずばぬけていたといい「冷静沈着でピンチにも動じず、OBの間でも一目置かれていた」と振り返る。

 安田正義市長も同高OB。「この地で鍛錬を積んで出した結果だけに、加東市として誇りに思う。これからも夢や勇気を与える選手として活躍して」とエールを送った。今年、3回甲子園へ足を運び声援を届けた播州農機販売の本岡賢二会長(69)=同市=も「令和のミスタープロ野球だ。母校の名を全国へ発信してくれた」と喜ぶ。

 近本にあやかって加東を虎ファンの聖地に-と期待するのは市商工観光課。社高時代に鍛えたとされる三草山を紹介するデイリースポーツ紙面を、看板にして設置した直後から問い合わせが急増したという。担当者は「鍛えた山道を『近本ロード』などと名付けて発信できないか」と観光を絡めた応援を模索している。

北播の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 80%

  • 21℃
  • 14℃
  • 90%

  • 24℃
  • 18℃
  • 80%

  • 23℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ