北播

  • 印刷
多可町の自然の緑を基調とした「タカタータン」=多可町役場
拡大
多可町の自然の緑を基調とした「タカタータン」=多可町役場
多可町の自然の緑を基調とした「タカタータン」=多可町役場
拡大
多可町の自然の緑を基調とした「タカタータン」=多可町役場
多可町の自然の緑を基調とした「タカタータン」=多可町役場
拡大
多可町の自然の緑を基調とした「タカタータン」=多可町役場

 兵庫県多可町の四季や特産品を布で表現した「タカタータン」が誕生した。同町の自然をイメージした緑を基調に、全6色で構成したチェック柄で、本場のスコットランド・タータン登記所で1万2572番目の登録を果たした。播州織の製品や土産品などの包装紙、紙袋などに活用し、町のPRにつなげていく。

 同町観光交流協会の企画部会が、観光PRの一環として独自のタータン開発を計画。町の象徴的な柄にしようと、緑=町の自然▽黄緑=春の若葉▽水色=夏の青い空や杉原川▽赤=秋の実り▽黄=山田錦の稲穂▽白=冬の雪、杉原紙、酒米-と関連付けた6色でデザインした。

 タータンは2色以上で構成され、スコットランドでは家系や学校、団体などによって独自の色柄があることが多い。登記所では色と太さ、柄に込めた意味などを記録、管理しており、国外からの登録も受け付ける。

 タカタータンで産業や商業の活性化を狙う同協会はタータン委員会を発足させた。デザイン使用に審査制度を導入し、使用料は無料にするが、イメージの適切な管理を図る。播州織の生地についてはサンプルも完成。糸の太さや使う織機、加工の程度によって価格が異なることから、種類によって単価を取りまとめていく。

 神戸開港150年を機に誕生した神戸タータンは、服や小物、文房具、食品などに幅広く展開され、大企業の参画も促すなど大きなうねりになった。県内にはほかに篠山タータンもある。同協会の担当者は「まずは地域のイベントで取り入れ、親しみを持ち、広く使ってもらえるようPRしていきたい」と話している。

 同町観光交流協会事務局(多可町商工観光課)TEL0795・32・4779

(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(11月15日)

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%

  • 17℃
  • 6℃
  • 10%

  • 17℃
  • 8℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ