北播

  • 印刷
秋の日差しを受けて輝く造形物と児童=三草小(加東市提供)
拡大
秋の日差しを受けて輝く造形物と児童=三草小(加東市提供)

 兵庫県加東市上三草の三草小学校で、児童が校内の中庭に「アート空間」を生み出した。縦横無尽に張り巡らせた多彩なカラーテープが風に揺れ、秋の日差しを受けてキラキラと輝く。

 校内環境を子どもたちの手で創る楽しさを感じてもらおうと、図画工作の授業で企画。全校児童で取り組んだ。カラーセロハンやビニール袋、色水を入れたペットボトルなどを使い、風や光が感じられる造形空間に仕上げている。

 「みんなで一つのものを作るのが楽しかった」と児童。6年の男児は「少しずつ形になってきて、造形の面白さが分かった」とほほ笑む。

 造形は10月2日まで公開されており、見学も可能。風雨の影響で造形物が変化することもある。10月10~13日、加東ケーブルビジョンのKCVワイドニュースで制作の様子が放映される予定。同小TEL0795・42・0221

(中西大二)

北播の最新
もっと見る

天気(11月15日)

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%

  • 17℃
  • 6℃
  • 10%

  • 17℃
  • 8℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ