北播

  • 印刷
光田和伸さん
拡大
光田和伸さん

 播磨国風土記について学ぶ連続講座が10日から、兵庫県加西市北条町古坂の市健康福祉会館などで開かれる。来年3月までの計6回、国文学者で元国際日本文化研究センター准教授の光田和伸さんが「『播磨びと』とは何者か」をテーマに講義する。

 同風土記は約1300年前に編さんされた日本最古の地誌。講座は市観光まちづくり協会が主催し、2012年度から開いている。

 日程と内容は、

▽10月10日=「播磨国風土記」と「伊勢津彦」

▽11月14日=「石部神社」という不思議な御社

▽12月12日=「ヤマトタケル」と徐福と東国

▽来年1月9日=「阿菩大神」をまつった人々は誰か?

▽同2月13日=「久米歌」と「久米」

▽同3月12日=徐福集団の「その前」と「その後」

 11月14日のみ加西市民会館で開く。いずれも午後1時半~3時半で受講料500円。申し込み不要。同協会(市文化・観光・スポーツ課内)TEL0790・42・8756

(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(11月15日)

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%

  • 17℃
  • 6℃
  • 10%

  • 17℃
  • 8℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ