北播

  • 印刷
車窓に自由に絵を描く親子連れ=北条鉄道
拡大
車窓に自由に絵を描く親子連れ=北条鉄道

 兵庫県加西市と同県小野市を結ぶ第三セクター「北条鉄道」(加西市)で27日、車窓に絵を描くイベント「お絵かき列車」があった。市内外から親子ら約30人が参加し、北条町-粟生を往復する間、想像力を働かせた絵で車窓を彩った。

 加西市内でさまざまな体験を楽しむ「かさいまちあそび」の一環。同鉄道のトイレ清掃などのイベントを開くボランティア団体「北条鉄道を美しくする会」が初めて企画した。

 参加者が乗り込んだのは、定期運行の車両に連結したイベント用車両1両。それぞれ、フィルムが張られた窓に色とりどりのフェルトペンで自由に絵を描いていった。

 窓には熱気球や石仏「五百羅漢」など加西の観光資源やブドウ、トマトといった特産品のほか、列車や太陽なども浮かび、参加者は実際の秋の田園風景と重なって見えるのを楽しんだ。

 同市の女児(6)は「気球とかイチゴとか、好きな物を描いた」。母親(38)も「自由に描かせてもらって楽しめた」と満足そうだった。(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 22℃
  • ---℃
  • 80%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 21℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ