北播

  • 印刷
配られたドーナツを食べる親子連れら=北条鉄道
拡大
配られたドーナツを食べる親子連れら=北条鉄道
「キングドーナツ」のヘッドマークが付いた車両と記念撮影に納まる子どもたち=北条町駅
拡大
「キングドーナツ」のヘッドマークが付いた車両と記念撮影に納まる子どもたち=北条町駅

 ローカル線の北条鉄道(兵庫県加西市)は3日、車内でドーナツが味わえる「ドーナツ列車」を初めて運行した。市内や姫路、神戸などから親子連れら70人が参加し、田園風景の中でビンゴゲームなどを楽しんだ。

 発案したのは、北条鉄道の車両内などで売られているドーナツが人気の丸中製菓(加西市下宮木町)。北条鉄道を応援すると共に、地域に対する日頃の感謝を込めて企画した。

 定期運行の車両にイベント用車両を接続し、参加者らは北条町駅(加西市)でドーナツやワッフルが入った袋を受け取って乗車。粟生駅(同県小野市)までを約50分かけて往復した。

 スタッフは同社の従業員が務めた。菓子の詰め合わせなどが当たるビンゴゲームで盛り上げ、1日夕方に揚げたばかりの主力商品「キングドーナツ」を配った。通常、スーパーなどの店頭に出るのは1週間後といい、参加者からは「しっとりしている」などの声が聞かれた。

 子どもたちと参加した神戸市兵庫区の女性(37)は「きれいな景色が見られるし、子どもたちが楽しめるよう考えてもらってうれしい」と満足そうだった。(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 22℃
  • ---℃
  • 80%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 21℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ