北播

  • 印刷
独特の雰囲気がある木造アーケードを散策するセミナー参加者ら=西脇市西脇
拡大
独特の雰囲気がある木造アーケードを散策するセミナー参加者ら=西脇市西脇

 空き店舗や空き家を活用するソーシャルビジネスセミナー「古い建物をいかしたビジネスとまちづくり」が兵庫県西脇市内であり、市内外から約30人が参加した。古民家改修の専門家から、ビジネスやまちづくりを展開する際のポイントなどの講義を受けた後、実際に中心市街地を散策して街の魅力を探った。

 中心市街地活性化を進める西脇市と、地域づくりの支援相談窓口「西脇135」(西脇市西脇)、日本政策金融公庫などの主催。古民家の所有者のほか、空き家・空き店舗を活用したビジネスやまちづくりに興味のある人たちが集まった。

 講師は、NPO法人ヘリテージはりま代表理事の清水克俊さんらが務めた。古い建物をいかすメリットとして「昔の建物は職人の手間がふんだんに注ぎ込まれている」「30年以上、まちの風景となった建物は地域の財産。コピーはできず、住民共通の記憶があるからこそまちづくりができる」などと指摘した。

 その後、参加者は旧来住家住宅周辺の疎水のある通りや、元織物工場ののこぎり屋根、旧商店街の木造建築などを眺めながら歩いた。市内に住む人たちも「こんな建物あるんや」「昭和の雰囲気が残っている」「歩いているだけで楽しめる」などと感心しながら、貴重な地域資源を見つけていた。(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(11月16日)

  • 18℃
  • 10℃
  • 20%

  • 20℃
  • 5℃
  • 40%

  • 19℃
  • 8℃
  • 10%

  • 19℃
  • 6℃
  • 20%

お知らせ