北播

  • 印刷
男子の部で優勝し、兵庫の総合5連覇に貢献した竹村真一さん(左)と山端良尚さん=小野市内
男子の部で優勝し、兵庫の総合5連覇に貢献した竹村真一さん(左)と山端良尚さん=小野市内

 兵庫県小野市の警察官竹村真一さん(40)と同市の会社員山端良尚さん(45)の参加するチームが、11月17日に愛知県で開かれた「第32回都道府県対抗・全日本マスターズ駅伝競走大会」男子の部(30歳以上)で4年ぶりの優勝を果たした。女子とエルダー(55歳以上)の成績を合わせ、兵庫の総合5連覇に貢献した。

 男子の部は6人が各5キロを走ってたすきをつなぐ。兵庫は一度も首位を譲らず、4区でたすきを受けた山端さんもマラソンのベストタイムが2時間19分4秒という底力を発揮。「優勝を意識して少し硬くなった」というが、区間7位(16分14秒)で5区の竹村さんにつないだ。

北播の最新
もっと見る

天気(1月22日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 50%

  • 12℃
  • ---℃
  • 40%

  • 12℃
  • ---℃
  • 40%

  • 11℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ