北播

  • 印刷
イベントで販売する雑貨をアピールする木地環さん(右から2人目)と作業所の職員=ベンチマークぷらす
拡大
イベントで販売する雑貨をアピールする木地環さん(右から2人目)と作業所の職員=ベンチマークぷらす

 障害者と健常者が交流する「手をつなぐマルシェ」が14、15日に、兵庫県小野市うるおい交流館エクラ(同市中島町)で開かれる。両日とも雑貨約20ブースが並び、ワークショップが楽しめる。14日には歌や踊りなどの舞台があり、事故で高次脳機能障害を負い、リハビリ中の元社交ダンサー木地環さん(48)=小野市中町出身=が障害者の仲間を指導し、自らも踊りを披露する。

 同市樫山町で小規模多機能作業所を運営するNPO法人「ベンチマークぷらす」(畑山哲人理事長)の主催。今春に続き2回目で、今回はほかの小規模作業所、どり~む小野(小野市天神町)とソーシャルイノベーション(同県三木市志染町広野8)に声を掛け、雑貨ブースを出展してもらった。

 18歳で社交ダンスを始め、約20年間プロとして活動してきた木地さんは自宅がある堺市内で1月、急な坂道を自転車で下っていて転倒。電柱と地面で頭を強く打った。生死の境をさまよい、9月に退院。療養のため11月から小野市内の実家に移り、「ベンチマークぷらす」に通っている。

 日々、軽作業での就労訓練に励んでおり、今回の催しでは、ダンスに出演する仲間の障害者を指導することに。振り付けや衣装作りなど当日に向けて準備を重ね「みなさんに楽しんでもらえるよう工夫を凝らしたい」と意気込む。14日は午前10時15分から、クリスマスソングに合わせて踊る。

 雑貨は多彩な商品をそろえている。ワークショップは、畳の縁を再利用した小物やチョークアートなどが14日に、樹脂粘土のミニチュア雑貨作りなどが15日にあり、手作り体験を楽しむことができる。両日とも午前10時~午後4時。入場無料。ベンチマークぷらすTEL0794・60・2766

(笠原次郎)

北播の最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ