北播

  • 印刷
西暦表示が「2020」に変わった巨大そろばん=小野市王子町
拡大
西暦表示が「2020」に変わった巨大そろばん=小野市王子町

 兵庫県小野市役所前の駐車場にある巨大そろばん(幅9メートル、高さ4メートル)の西暦表示が28日、新年の「2020」に変わった。「9」を示していた一の位の玉を全て動かし、十の位の玉(幅85センチ、高さ50センチ)を一つ上げ、目立つ黄色に塗り替えた。

 播州算盤工芸品協同組合が1974年に設置し、市伝統産業会館などの建設に伴って、83年に現在の場所に移した。9桁のそろばんで重さは1・8トンある。

 西暦表示は2000年に始まり、変更作業は今年で21回目。年の瀬の風物詩となっている。26日から玉を動かし、塗装を経て29日に足場が撤去されれば完成する。

 同組合理事長の宮永英孝さん(68)=小野市=は「今回は例年になく、玉が6個も動いた。播州そろばんの業界も大きな飛躍を遂げる年にしたい」と話していた。(笠原次郎)

北播の最新
もっと見る

天気(7月12日)

  • 28℃
  • 24℃
  • 30%

  • 26℃
  • 22℃
  • 40%

  • 27℃
  • 23℃
  • 40%

  • 27℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ