北播

  • 印刷
たいまつを柱にたたきつけようとする赤鬼=東光寺
拡大
たいまつを柱にたたきつけようとする赤鬼=東光寺
豊作を祈って農作業の所作を演じた「田遊び」=東光寺
拡大
豊作を祈って農作業の所作を演じた「田遊び」=東光寺
たいまつを柱にたたきつける赤鬼=東光寺
拡大
たいまつを柱にたたきつける赤鬼=東光寺
たいまつを柱にたたきつける赤鬼=東光寺
拡大
たいまつを柱にたたきつける赤鬼=東光寺
たいまつを柱にたたきつける赤鬼=東光寺
拡大
たいまつを柱にたたきつける赤鬼=東光寺

 国の重要無形民俗文化財に指定されている伝統行事「田遊び・鬼会」が8日夜、兵庫県加西市上万願寺町の東光寺であった。古式ゆかしい農作業の所作と、勇ましく暴れる鬼の姿に多くの参拝客らが見入っていた。

 五穀豊穣や無病息災を祈る儀式で、いずれも室町時代末期には行われていたとされる。鬼などは毎年、地元の上万願寺町、下万願寺町の厄年の男性が演じている。

 田遊びが県内で営まれているのは同寺のみ。烏帽子に裃、黒い能面を身に付けた「福太郎」「福次郎」が、木製のくわで田を耕したり、種をまいたりするしぐさを奉納した。

 続いて「鬼こそ鬼よ」とのはやし声に乗って、厄災を追い払う赤鬼と青鬼が登場。たいまつを振り回したり、ほこを突き出したりしながらお堂を計13回、回った。

 赤鬼がたいまつを柱などに打ち付けるたびに火の粉が飛び散り、写真愛好家らが盛んにシャッターを切っていた。(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(2月17日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 8℃
  • 3℃
  • 40%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ