北播

  • 印刷
鬼の顔が描かれた的に球を投げる子どもたち=小野市立児童館チャイコム
拡大
鬼の顔が描かれた的に球を投げる子どもたち=小野市立児童館チャイコム

 2月3日の節分を前に、兵庫県小野市立児童館チャイコム(浄谷町)で31日、児童とその母親や祖父母ら約120人が豆まきを楽しんだ。

 伝統行事に親しんでもらおうと企画した。女性職員3人が赤、青、黒の3色をまとった「節分戦隊鬼レンジャー」に扮して入場。子どもたちを指導して、鬼の顔を描いた的に球を当てる練習をした。続いて、子どもたちは金色ベルトや帽子を身に着けて「ちびっこ鬼レンジャー」に。赤鬼と青鬼に「鬼は外、福は内」と叫びながら、豆に見立てたカラフルな球を投げた。

 小野市の主婦(35)の長女(3)は「鬼がちょっと怖かったけど、ちゃんと豆が当たったよ」と喜んでいた。(笠原次郎)

北播の最新
もっと見る

天気(6月7日)

  • 28℃
  • 20℃
  • 10%

  • 24℃
  • 16℃
  • 10%

  • 29℃
  • 20℃
  • 0%

  • 28℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ