北播

  • 印刷
制作中のアート作品を紹介する牛尾啓三さん(右から3人目)=加西市西長町
拡大
制作中のアート作品を紹介する牛尾啓三さん(右から3人目)=加西市西長町

 日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」の沿線に設置する石彫作品を制作している彫刻家牛尾啓三さん(68)=兵庫県姫路市=が11日、兵庫県加西市西長町のアトリエを公開した。訪れた人らに、完成間近となった作品を紹介した。

 制作は、日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」推進協議会によるプロジェクトの一環。牛尾さんがこれまでに作った作品は、同県市川町や姫路市の公園などに展示されている。

 この日紹介したのは、同県福崎町辻川地区の辻川山公園に展示する「辻川」。馬車の車輪をイメージし、かつては街道が、現在は播但連絡道路と中国自動車道が交差する同地区を十字で表した。

 辻川地区からは、自治会のメンバー約10人が訪れて作品を見学。2月中に設置される予定といい、牛尾さんは「赤っぽい石なので目につくし、サクラの時期にも合っている」などと期待を寄せていた。(森 信弘)

北播の最新
もっと見る

天気(4月5日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ