北播

  • 印刷
加東市が追加で導入する自動翻訳機=加東市社
加東市が追加で導入する自動翻訳機=加東市社

 在住外国人の増加を受け、兵庫県加東市は外国人の生活支援事業を展開する。昨年から毎月40人前後の転入が続いており、1月末現在で過去最高の1715人が暮らす。外国籍住民の割合が高いことから、兵庫県が支援モデル地域に指定した。市は県の助成と合わせ計200万円を計上した。

 同市は既にベトナム語やポルトガル語など約70カ国語に対応する自動翻訳機2台を市民課窓口などに設置しており、今後さらに7台を導入する。うち3台を外国籍住民の多い地域の自治会に貸与。4台は市が管理し、イベントや学校行事などで貸し出す。

北播の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 25℃
  • 19℃
  • 40%

  • 24℃
  • 16℃
  • 40%

  • 26℃
  • 19℃
  • 50%

  • 26℃
  • 19℃
  • 60%

お知らせ