北播

  • 印刷
加東市は臨時の校長会を開き、今後の対応について協議した=28日午後、加東市役所
拡大
加東市は臨時の校長会を開き、今後の対応について協議した=28日午後、加東市役所

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて政府が要請した休校措置を巡り、北播磨各市でも28日、兵庫県小野市を除く各市町の小中学校が3月3日から15日まで休校することが決まった。

 西脇市は期間中、自宅待機を求めるが、放課後児童クラブは受け入れ時間を長期休暇期間と同様の午前7時半~午後6時半とし、状況に応じて、現在利用していない児童も受け入れる。市立幼稚園は通常通り開園する。一方、一部の相談業務を除き、市茜が丘複合施設みらいえや図書館は休館。児童館や隣保館など公共施設の利用も原則中止。

 多可町の学童保育は午前7時半~午後7時に開設する。認定こども5園は子どもの健康状態に留意しながら、通常通り開園する。

 西脇市、多可町ともに3月10日に予定していた中学校の卒業式は延期し、小学校は従来通り23日に行う。

 加西市では10日の中学校の卒業式を18日に延期。学童保育は午前8時~午後6時半に開所するが、土曜日は北条学童保育園のみ。認定こども園と幼児園の保育利用はできる。

 加東市でも中学校の卒業式を18日に延期。学童保育は9カ所のうち社、滝野東、東条東を午前7時半~午後6時半に開く。認定こども園、保育所については希望があれば登園は可能。

 一方、小野市は北播磨に発症者がいないなどの理由で通常通り授業を行う。10日の中学校の卒業式は来賓を呼ばないなど規模を縮小して開く。幼稚園、認定こども園、保育所も通常通り開園する。(中西大二、長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る