北播

  • 印刷
感染防止のため、小まめな手洗いは大切=加東市内
拡大
感染防止のため、小まめな手洗いは大切=加東市内

 新型コロナウイルスによる感染が拡大し兵庫県内でも感染患者が確認されている。市民に不安が広がる中、あらためて同ウイルスの特徴や予防策について公衆衛生が専門の長江利幸・県加東健康福祉事務所長(62)に聞いた。(聞き手・中西大二)

■このウイルスは怖いのか

 従来のコロナウイルスは6種類ある。そのうち日常的に感染するのは4種類。残り二つが、2002年に発生した重症急性呼吸器症候群(SARS)と2012年以降に流行した中東呼吸器症候群(MERS)。それぞれ亡くなる人の割合は9・6%と34・4%と非常に高かった。一方、中国CDC(疾病対策センター)によると、今回の新型は2~3%と低い。日本では軽症患者が多いため、さらに低くなると見ている。だから、それほど怖がる必要はない。ただし高齢者や糖尿病など持病のある方は注意してほしい。

■感染しないためには

 せきエチケットが大事だ。マスクだけに限らず、せきをする時はハンカチやティッシュで代用しても構わない。小まめな手洗いも必要。日常生活では不要不急の外出は避けた方がいいだろう。密閉された狭い空間で不特定多数の人が集まる場所は注意してほしい。

■効果的な薬は

 抗HIV薬の治験が始まっていると聞くが、現段階では直接に有効な薬はまだない。開発するには時間がかかるだろう。陽性と判明すれば入院で症状に合わせた療法となるが、日本では軽症例が多く、安静にしていれば快方に向かうケースが少なくない。ただし、薬がないので自分の免疫力で治すしかない。だから日常生活の健康管理を徹底し、規則正しい生活を送ることが大切だ。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

北播の最新
もっと見る

天気(4月2日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ