北播

  • 印刷
移転先で業務を開始した発達サポートセンター「はぴあ」=加東市木梨
移転先で業務を開始した発達サポートセンター「はぴあ」=加東市木梨

 発達障害児らの支援業務を集約する兵庫県加東市発達サポートセンター「はぴあ」が1日、社福祉センター(加東市社)から旧社こども園(同市木梨)に移転し、相談業務を始めた。相談は年々増えており、担当者は「引き続き、利用者の生活や仕事がしやすいよう手助けしていきたい」と話す。

 同センターは2017年に開所。相談をはじめ、心身の発達を促す療育事業やスタッフが学校園に出向いての巡回相談、研修・啓発などを担う。ワンストップ型施設は北播磨唯一で、教育相談支援員、保健師、臨床心理士らが常勤する。

北播の最新