北播

  • 印刷
新たに導入されたついたて形の空気清浄機=市立加西病院
新たに導入されたついたて形の空気清浄機=市立加西病院

 兵庫県加西市北条町横尾1の市立加西病院がこのほど、ついたて形の空気清浄機を導入した。2基セットで空気の流れをつくり、新型コロナウイルスなどへの感染リスクを減らす。感染が再度拡大する「第2波」などの際、感染症病棟や発熱外来などで利用するという。

 装置は、医師の背後に置く1基が空気を吹き出し、患者の前に設置するもう1基が吸い込む仕組み。患者のベッド横に1基だけ置いて空気の流れをつくり、感染対策を図ることもできる。横幅約80センチ、高さ140センチ、厚さ12センチで、約40キロ。下部にキャスターが付いており、容易に移動させることもできる。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

北播の最新
もっと見る

天気(5月8日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ