北播

  • 印刷
加西市役所=加西市北条町横尾
拡大
加西市役所=加西市北条町横尾

 兵庫県加西市は「市みんなで支え合う新型コロナウイルス感染症対策基金」の積み立て見込み額が6月末までに約1億2500万円に達したとする中間まとめを発表した。北播磨広域定住自立圏(加西、西脇、加東市、多可町)の子どもらへマスクなどを配布するとして協力を呼び掛けた、クラウドファンディング(CF)が目標額の3倍強を集めた。

 CFはふるさと納税の仕組みを利用。呼び掛けが6月末に終了したことから集計した。2千万円の目標に対し6486万円が集まった。マスク以外にも同市の同感染症対策に活用する。別途、ふるさと納税でも、使途としてコロナ対策を希望した寄付者から5529万5千円が寄せられた。

 これら計約1億2千万円のうち、返礼品代などの経費を除いた約6千万円がコロナ対策として活用できる。両者はふるさと納税の受け皿となる基金に入るため、同感染症対策基金に移すには条例改正が必要。

 一方、同基金への寄付は2615万9116円。西村和平市長が計6千万円を目標に協力を呼び掛けた市職員からの寄付も含まれる。ただ、市外の職員がふるさと納税などを利用した場合は同納税の寄付枠に入る。さらに同基金には、特別職の給与や賞与、議員の報酬削減分、中止になった行事の開催関連費用などの計3917万7千円も繰り入れられている。(小日向務)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

北播の最新
もっと見る

天気(8月9日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ