北播

  • 印刷
食べ頃を迎え始めたスイートコーンをアピールする地元の子どもたち=加西市玉野町
拡大
食べ頃を迎え始めたスイートコーンをアピールする地元の子どもたち=加西市玉野町

 兵庫県加西市玉野町の農事組合法人「あぐり~ど玉野」は23、24の両日午前9時から、同町公会堂駐車場で、収穫したてのトウモロコシを販売する。人気の恒例行事で7年目を迎える。

 約60アールの土地で、濃厚な甘さのスイートコーン計1万5千本を栽培している。当日は、午前5時ごろから組合員が収穫。もぎたてが最も甘いという。

 今年は天候不順だったため「太さなど生育にばらつきがあるが、甘さは十分」と同法人。「ラップで包み、電子レンジで加熱するのが手軽でお薦め。生でもおいしい」と話す。この日は、地元の子どもたちがトウモロコシをアピールした。

 7本入りで千円。先着順で、各日とも収穫分がなくなり次第終了する。早ければ、数十分という。同法人は「新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、購入時にはマスクを着用し、距離を置いて並んでほしい」と呼び掛けている。

 同法人TEL0790・47・0949

(小日向務)

北播の最新
もっと見る

天気(9月30日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 17℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

お知らせ