北播

  • 印刷
多言語に翻訳された加西市の広報。左が日本語で右が英語。拡大表示もできる=同市役所
拡大
多言語に翻訳された加西市の広報。左が日本語で右が英語。拡大表示もできる=同市役所

 兵庫県加西市は、毎月発行している「広報かさい」を電子書籍化し、日本語に加え、英語や中国語、ベトナム語、ポルトガル語などの多言語に自動翻訳して8月号から配信する。パソコンやスマートフォンなどで受信できる。広報の多言語配信は北播磨の市町では初めて。近く市ホームページから見られるようにする。(小日向務)

 同市内で増える外国人居住者に情報を提供するのが狙い。同市によると、6月末現在で、ベトナム671人▽中国309人▽ブラジル106人▽韓国51人-など29カ国・地域の計1335人が市内で生活している。

 配信する電子版の広報は、中国語で現在使われている「簡体字」と伝統的な「繁体字」の2種類を含めて10言語に翻訳される。

 閲覧には、神戸や尼崎市などが先行して利用しているアプリ「カタログポケット」を活用。スマホ用の専用アプリは無料で使うことができる。文字部分の拡大や多言語での読み上げなど、高齢者や視覚障害者らが利用できる機能もある。

 加西市は、外国人の転入時にチラシを配布するほか、市国際交流協会「ねひめカレッジ」や加西商工会議所の協力でPRしていく。

 自動翻訳のため、分かりにくい翻訳になる恐れもあるが、担当者は「新型コロナウイルス感染症の影響も続いており、スピードを重視したい。翻訳された広報を見て、関係機関に尋ねるなど関わりを深めるきっかけになれば」と話している。同市秘書課TEL0790・42・8701

北播の最新
もっと見る

天気(9月30日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 17℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

お知らせ