北播

  • 印刷
原爆投下直後の写真が並ぶ会場=加西市北条町北条
拡大
原爆投下直後の写真が並ぶ会場=加西市北条町北条

 「平和について考えよう」原爆パネル展が、兵庫県加西市北条北条、アスティアかさい内の市立図書館で開かれている。

 同市は1985年、核兵器の廃絶を求める「非核平和都市宣言」を行った。日本非核宣言自治体協議会(事務局・長崎市)の呼び掛けに応じて、6年前からパネル展を毎年開催する。戦後75年の節目になる今年も、引き続き平和について考えるきっかけにしてもらおうとパネルを並べた。

 会場には原子爆弾が投下された直後の広島、長崎の惨状を記録した写真が並ぶ。熱線によって泡立った瓦の表面や、投下時刻に止まったままの時計などが目を引く。

 会場入り口では、原爆や戦争関係の本の貸し出しも行っている。稲美町から来た男性(66)は「記憶にある写真ばかりだけれど、見るたびに考えさせられます」と話していた。30日まで。午前10時~午後6時。(中西大二)

北播の最新
もっと見る

天気(9月30日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 17℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

お知らせ