北播

  • 印刷
町民と町長らが車座になって意見交換したあったかトーク=子育てふれあいセンター
拡大
町民と町長らが車座になって意見交換したあったかトーク=子育てふれあいセンター

 兵庫県多可町の教育や少子化施策について、子育て中の人たちが考えを述べ合う「子育て世代あったかトーク」が5日、同町中区岸上の子育てふれあいセンターであった。吉田一四町長ら町幹部と共に、母親15人が車座になって意見を交わした。

 合併後の2006年には189人だった出生数が、19年は77人まで落ち込んだ同町。本年度の方針には「切れ目ない子育て支援体制の充実」を掲げており、子育て世代の意見をくみ入れようと初めて開催した。

 この日、集まった母親たちは「多可町のいいところ」「こうしてほしい」といった視点で、普段感じていることや疑問に思うことを自由に書き込んでいった。

 都市部から嫁いできた女性は「自然が豊かで温かい雰囲気があり、外に出るだけで子どもも楽しそう」。このほか「住民が少ない分、役場の人が気にかけてくれる」「住宅の土地が安い」などの意見も相次いだ。

 一方、「集落内に子どもを遊ばせる公園がない」「子どもが少なく、小学校では、長距離を1人で徒歩通学するのでは、と心配」「同級生が少なく、多様な価値観に触れられないのは問題」など、率直な不安も多数寄せられた。

 吉田町長らは「財源の問題もあり、要望に応えられないこともあるが、今後の予算編成の参考にしたい」と話していた。(長嶺麻子)

北播の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 26℃
  • 21℃
  • 70%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

  • 25℃
  • 20℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

お知らせ